プロフィール

〜プロフィール〜

・東京都生まれ。父方の祖父母、会社経営の父、母、妹、弟の7人家族に生まれる
・9歳の時に母が家出。兄弟とともに父に引き取られる
・三度の親の離婚、継母のいじめ、父の暴力、叔父からの性被害、祖母の自殺未遂を体験
・高校生との時に父の経営する会社が倒産、夜逃げ、毎日闇金が取り立てにくる
・22歳で結婚。24歳で長女、26歳で長男を出産
・元夫のアルコール依存、DVが悪化し、29歳の時に離婚
・シングルマザーとして2人の子どもを育てながら昼夜働く
・職場のいじめとママ友のいじめで心身のバランスを崩す
・損保関連会社に勤務。働きながら社会保険労務士の資格を取得
・長女が小学校5年生の時に交通事故に遭い、頭蓋骨骨折の意識不明の重体に
・人生を変えるため、30種類以上の心理学・心理療法などを学び、トレーニングを受ける
・副業時代から8年間で3000人以上の女性たちの悩みを解決
・オリジナルメソッド「未来シフトチェンジセラピー」を確立
・自信がなくて行動できない女性をはじめ、起業家、経営者向けのメンタル改善セッション、
カウンセラーやヒーラーなどプロにも結果が出せる手法を教えている。
東京都在住。

【無料メルマガ】

【公式LINE】
今ならLINE のお友だち追加で
自己肯定感が上がる「自己催眠文」プレゼント中
友だち追加

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

私は長い間、がんばっているのに空回りする人生でした。

 

子どもの頃から「自分はダメだ」という感覚がずっとあり、
ダメな自分を認めたくなくて、過剰にがんばってしまったり、


トラウマやアダルトチルドレン(AC)
を抱え、
自分にも人に対しても厳しくしてしまい、
人間関係がうまくいかず、いつも孤独感や虚無感でいっぱいでした。

 

「こんな自分はダメだ!」「なんとかして自分を変えたい!」と、
がんばればがんばるほど、空回りの
波乱万丈な人生になり、
苦しみは増していきました。

 

ある時、娘が交通事故に遭い命を失いかけ、
絶望のどん底までたどり着きました。

 

そして、占い、心理学、脳科学、潜在意識、催眠、ヒーリング、
コーチング、コミュニケーションスキル・・・

 

1000万円以上、自己投資に使い、
30種類以上の各種療法を学び、心の荷物をおろす度に…

 

どんどん悩みが消え、
自分らしく楽に生きられるようになりました。

 

「私は迷惑な存在だ」
「私には価値がない…」
「いない方がいい」


その呪いから解放された時、
「私は私でいいんだ」と初めて思うことができ、
自分にはすでに充分『ある』ことに気が付きました。


その後は人生が一変。

 

好きな仕事で独立し、お金にも愛され
毎日が充実し、豊かで幸せに満ち溢れるようになりました。

 

心理カウンセラーとして、今までに3000人以上の恋愛や人間関係、
生き方に悩む女性のご相談にのっています。

受講生は「失恋のどん底から1年で理想の彼ができて電撃結婚」
「2年半別居状態から復縁でき、家族で仲良く暮らせるようになった」
「彼氏もなく不安だったが、理想の彼ができて同棲することになった」
など人生が逆転するミラクルが続出しています。

 

現在はグループ講座、個人コンサルを中心に活動。
オリジナルメソッドを使い、ひとりひとりのタイプに合った
最適なサポートで女性を幸せへと導いています。

 

ゆっくりと話をしながら、ご自身のペースで、
悩みの根本改善を目指していけるよう全力でサポートさせていただきます。

 

一時的な悩みの解消ではなく
一生モノの『幸せ方程式』『愛され自分軸』を手に入れ
毎日が喜びで輝く、女性としての自信を手に入れてくださいね。


もう少し詳しいプロフィールはこちらから

心理カウンセリングを受けて悩みが解決するかどうかは、
クライアントであるあなたと
心理カウンセラーである私との相性というのも
非常に重要なポイントとなります。

少し長いですが、興味のある方は是非ご覧ください。
あなたの悩み解決のため、少しでもお役に立てれば幸いです。

【9歳の時、母が突然の家出】

幼少期の私は、会社を経営する父と、家事や会社の事務をする母との
3人兄弟の長女として生まれました。

いつも母と父の仲が悪く、夜になると父が母を殴ったり、
罵倒している声で目覚めました。

私はなんとか2人に仲良くしてもらいたくて、
いつも間に入る調整役。

 

私がよい子でいれば、お父さんもお母さんも仲良くなり、
家族も平和でいられると、一生懸命、家事を手伝ったり、
妹弟の面倒をみてよい子でいようとしました。

しかし、そんな努力もむなしく、
ある日、母が突然家を出て帰ってこなくなってしまいました。

 

父は、私たち子どもが母親の方に行かないようにするため、
毎日のように「あんな女になるな!」
お前らは母親に捨てられたんだ!」と、
母の悪口を言い続けました。

 

大好きなお父さんとお母さんには仲良くしてもらいたいのに、
毎日のように母の悪口を聞かされ、本当に嫌だった・・・。

 

でも、幼い私は、
「お母さんに会いたいと言ったら、お父さんを裏切ることになる」
と思ったのでしょう、父を悲しませないようにするため、
また、傷つかないように自分を守るため、

 

「嫌だ」とか「寂しい」とか「お母さんに会いたい」という
「自分の本当の気持ち」を心の奥底に

押し込め、感情を感じないようになっていきました。

【両親の離婚を悲観し、祖母が自殺未遂】
両親が離婚したとき、私は小学生だったので、家事は同居の祖母がしていました。
ある日、父と買い物から帰ってくると、前の家に住むおばさんが、
「おばあさんが川に飛び込んだらしい!」とあわてて飛んできました。

 

驚いた父は、川に向かって全速力で走っていき、
その父のあとを私は追いかけ、橋のたもとにつくと、
祖母の履いていた草履が揃えておいてありました。

 

あまりにもショックだったのか、
そこから私はその時の記憶を消してしまったようで覚えていません・・・。

 

幸いにも祖母は一命を取りとめましたが、
その事件以降、祖母は認知症で入院することになり、
掃除洗濯などの家事を、小学生だった私たち兄弟3人で
することになりました。

【魂の殺人・叔父からの性被害】

思い出したくない思い出の1つに、小学生の頃の
叔父からの性被害があります。
父の見ていないときに、何回もいたずらされたり嫌な思いをしました。

 

性被害の体験をしたことがある人はわかると思いますが、
「気持ちが悪い」「嫌だな」「怖い」
という気持ちがあることはわかるのです。

 

だけど、何をされているのか頭が真っ白になってわからないし、
怖くて固まってしまい、
「嫌だ」と大きな声をあげたり、抵抗することができないのです。

 

後から聞いた話ですが、父の兄である叔父は、
自分の奥さんのお姉さんの娘(姪)を
中学生の時に妊娠させてしまい、奥さんとも離婚してしまいました。

 

この体験のショックから、

「私は誰からも守ってもらえない、ひとりぼっちだ」
「男性に近づくと危ない」
「女性らしくすると危ない」
「私には汚い血が流れている」


などと、女性であることや自分のルーツ、
男性を信頼することを
徹底的に否定するようになりました。

【父の3度の再婚・継母からのいじめ】

小学校高学年になったころ、父は2人連れ子を連れた女性と再婚し、
私は5人兄弟の長女になりました。

 

再婚相手の「お母さん」は、見た目はとても綺麗な人でしたが、
好き嫌いや、表裏が激しい人だったので、
自分の子どもは大盛りだけど、嫌われていた私と弟の食事はいつも少しだけ、
という差別をされていました。

 

父の見えないところで差別するのですが、
「本当のことを言ったら家の中がもめてしまう」
そう思って、差別されていることは言えませんでした。

 

そのころ、私は鼻の病気、ちくのう症になり、手術が必要と言われたり、
弟も円形脱毛症になっていました。

 

本当の気持ちを言えずガマンしていたために、
体が「イヤだ」「辛いよ」という気持ちを代弁してくれていたのでしょう。

 

2年くらいして、父とその女性が離婚すると、
ちくのう症も知らぬ間に治り、手術は不要になりました。
弟の円形脱毛症も自然に治っていました。

【会社が倒産し夜逃げ、闇金が毎日取り立てにくる】

その後、父は再び再婚をし、水商売をしていた3番目の「お母さん」がきますが、
私が高校1年生の時、事業がうまくいかなくなり、会社も倒産してしまいました。

 

夜逃げ同然で、私たち家族は生まれ住んでいた土地を離れ、
2間のアパートに家族5人で住むことに。

「金の切れ目が縁の切れ目」というように、
3番目の母と父は別れ、その後、毎日のように
闇金業者が取り立てに来るようになりました。

 

家の前で、「金返せ!」「どろぼう!」などと怒鳴ったり
嫌がらせは、どんどんエスカレートしていきました。

 

離婚や倒産など、さまざまなストレスから父の暴言や暴力もひどくなり、
私たちに対するコントロールも激しくなってきていたので、
「はやく父から離れ、自立したい」と思い、
本当は進学する予定でしたが、高校卒業間近で就職に切替えました。

 

その後、父とケンカして妹や弟を置いて自分だけ家を出るのですが、
子どもの頃から生きることで精一杯だった当時の私は、
人のことを考える心の余裕や、思いやりはありませんでした。

【子どもへの暴力と酒乱・DVの夫】
父とケンカをして19歳で家を飛び出した私は、
同じ会社に勤務する男性と22歳で結婚しました。

 

24歳で長女を、26歳で長男を授かり、一見幸せな家庭のようでしたが
自分の感情をコントロールできなかった私は、子どもの泣き声を聞くとイライラし、
わがままいったり、いうことをきかない子どもたちを
叩いたり、怒鳴ったり、ひどいときは蹴ったりもしてしまいました。

 

「父や母のようにはなりたくない」と思っていたのに、
ついカッとなって、同じように子どもに手をあげてしまう・・・。

 

そして、子どもの寝顔を見ると自己嫌悪になって
自分を責めるということを繰り返していました。

 

元々お酒のクセが悪かった夫の酒癖の悪さも、
どんどん悪化していきました。

 

普段はおとなしい人なのですが、
お酒を飲むと目がすわり、人が変わったようになり、
父のように暴言をはいてきます。

 

飲んで車を運転し、事故をして車を大破させたり、
飲みすぎて意識を失い、路上で倒れ救急車で運ばれたり、
駅員さんを殴って警察にお世話になったり・・・

 

何度言ってもお酒をやめようとしない
元夫にガマンの限界がきていました。

 

今思えば、私にもたくさん悪いところがあったのですが、
自分の家庭がめちゃくちゃだった私は、
結婚したら幸せな家庭を作りたかったのに

 

「この人のせいでめちゃめちゃになった」と元夫を恨みました。

 

専業主婦だった私は、離婚を決意し、
パートで働きに出ましたが、ある日仕事で遅くなると

 

「誰が食わせてやっていると思っているんだ!」
「パートはパートの仕事をしていればいいんだ!」
「給料が高いオレの方が偉いんだ!」と回し蹴りをされました。

 

あんなに嫌いな父と同じような人を選んでしまった後悔・・。

 

「もうガマンするのはやめよう!別れよう!」と決めました。
しかし、子どもたちにはとても優しいよい父親だったので、

 

「私のせいで、子どもからお父さんをうばってしまうのではないか」
「私がガマンしていれば丸くおさまるのではないか」

 

と、離婚を決めるときはとても悩みました。
そして、

 

「わたしのせいで、子どもたちからお父さんを奪ってしまった」
という罪悪感でいっぱいになりました。

【職場のパワハラ、ママ友のいじめで抑うつ状態・パニックに】

29歳で調停離婚をし、2人の子どもを抱えるシングルマザーに。
囚われから解放された幸せも束の間、パートで勤務していた職場の上司から
パワハラにあうようになりました。

 

同じ時期にママ友からもいじめに遭い、食事が喉を通らなくなり、
一ヶ月で10キロも体重が減ってしまい
階段も登れない状態に・・・。

 


気力だけで仕事に行っていましたが、パニック発作も発症し、
「このままでは死ぬ・・」
と思った私は、「ここで辞めたら負けだ」という
考え方を手放し、会社を辞め、新しい勤務先を見つけました。
気の合わないママ友たちとも縁を切り、体調も元に戻っていきました。

 

派遣から正社員に抜擢され、
波乱万丈な人生がだんだんと良い方向に向かいつつ
あったように思えた矢先の出来事でした・・・。

【娘の交通事故がきっかけで心理の道へ】

それは…
娘が5年生の時の5月25日の出来事でした。
アイスクリームを買いに行くと、自転車ででかけた20分後に、
家の電話が鳴り、娘の通う小学校の教頭先生からでした。

 

「お宅のお嬢さんが、事故に遭い救急車で病院に運ばれました」

 

私は一瞬、何が起きたのかわからず目の前が真っ白になり、
「命は大丈夫ですか?」と聞くと、

 


「わかりません。

○○病院に向かったのですぐに行ってください」

 

と言われ、息子と一緒に病院に向かうと、
そこには、どす黒いような紫色のような顔をして、白目をむいて痙攣している娘が、
頭蓋骨骨折の意識不明の重体で、酸素マスクをつけて担架で運ばれていました。

 

担任の先生もかけつけてくれて、加害者にむかい
「お前、よそ見をしていたんだろう!」と怒ってくれたのですが、

 

子どもの頃から自分の本当の気持ちを抑えて怒れなかった私は、
「そういうこともありますよね」と無意識に、
そんな時までいい人になっていました。

 

青信号の横断歩道を自転車で渡っていた娘は、
よそ見をしていた運転手の自動車にはねられ
なにも悪いことをしていないのに、大怪我をして意識が戻らない・・

 

娘の代わりに怒ってあげられるのは、母親である私なのに、
怒ることすらできず、好かれようとするなんて・・。

 


「こんな時まで、なんで私は人に気を使っているんだろう」

「いつまでいい人を演じているんだろう」

 


と娘の着ていた血だらけの服を見て、
自分が情けなくて涙が溢れてきました。

 

不幸中の幸いで、娘は翌日には意識が戻り
一命をとりとめましたが、


「人はなぜ、みな死ぬのに生まれてくるのか?」

「なぜ、がんばっているのにうまくいかないのか?」

 

そんな疑問が湧いてくるようになりました。

 

そして本を読みあさり、自分がアダルトチルドレンということを知り、
様々なセミナーに参加し始め、心理セラピーに出会うことになります。

 

40歳になった頃でした。

【1000万円以上の自己投資】

それまで、セミナーなどに参加したことなどなかった私は、
自分を変えるために占い、心理学、脳科学、潜在意識、催眠、ヒーリング、
コーチング、自己啓発、コミュニケーションスキル・・・

 

さまざまなジャンルのセミナーや講座に参加し、
自己投資に使った金額は1000万円以上!

 

中でも心理セラピーのワークは、ずっとガマンをしてきた私にとって、
魂がゆさぶられる衝撃的な体験でした。

 

忘れもしません、一番最初のセッションは性被害の体験についてでした。

 

セッションの中で、加害者を「殺したい」と言ったら、
「殺していいよ」と先生が言ってくれたのです。

 

それが嬉しくて嬉しくて・・・

 

今でもその時のことを思い出すと涙が出ます。

 

セラピーの中のことなので、実際に行うわけではないのですが、
「やっとこの気持ちをわかってくれる人に出会えた」ことが
本当に嬉しかった。

 

私はこの時、私と同じようにずっと辛い体験を1人で閉じ込めて、
ガマンしている人が絶対に待っていると確信したのです。

 

ガマンしていることにも気づかずに、
楽に生きられる方法も知らずに、
がんばっているのに現実がよくならない・・・

 

そんな人に届けたいと、
導かれるように、副業でセラピーを始めました。

【本当の自分に出会った瞬間】

「よいセラピストは、よいクライアントでもある」

 

という言葉がありますが、自分の問題をある程度解決できてないと、
良いセラピーはできないと先生に言われ、積極的に様々なセラピーをうけ
気づけば20種類以上の心理学やセラピーを学んでいました。

 

セラピーで過去のトラウマを浄化し、
「どんな自分でもOKなんだ」と自分を愛せるようになったとき、

 


人と比較して落ち込んで、
「こんな自分じゃダメだ」という自分を否定するような気持ちや、

 


幸せそうな人を見ると、「私の方ができるのに!」

「あの人ばかりずるい」という嫉妬や、妬みの気持ちもなくなり、
自然体でも周りから大切にされるようになっていきました。

 

「こうするべき」「~ねばならないという
自分を縛る過剰な考え方も手放すことができ、
ニュートラルで自由な世界が広がっていました。

 

セラピーを受け気づいたのは、
私が子どもの頃から自分の本当の気持ちを出さずガマンしていたのは、

 

「私さえガマンしていたら、家族がうまくいく。
みんなが仲良くできると思っていた」

からなんだということ。

 

それは、父や母のことが大好きだったから・・。

 

家族がとても大事だったから・・。

 

あんなに恨んでいた暴力的な父や、
私たちを置いて自分だけ逃げて行った母のことを
本当は大好きだったんだ、
だから自分の気持ちをないことにしたんだ・・。

 

そんな「自分の本当の気持ち」に気づいたとき、私は泣き崩れ、
自分の中に無償の愛を見つけました。

 

そして、子どもたちからも無償の愛をうけていたことに気づきました

 

安心安全な場で、自分の本心をだすことで、
私の中のずっとガマンしていた幼い子も癒されたのでしょう。

 

だんだんと「自分の弱さ」「ダメな自分」などの
「恐れ」も受け入れられるようになり、
「強くなければ」と生きていた自分の鎧を脱いで
自然体の自分になっていくと、

 

あたたかい感情や感謝の気持ちが心に広がり
自分のことも、過去のことも、全て許されるような気がしました。

【母を探し40年ぶりに再会、家族にもミラクルが】

セラピーをうけて、ずっと感じないようにしてきた
「母に会いたい・・」という本当の気持ちを、
口に出すことができたとき、母を探して会おうという気持ちになり、
手紙を書きました。

 

役所に行き、「母を探している」と係の人に言うと、
不審に思った係の人は、
「なぜ探しているのですか?なにかあるのですか?」
と聞いてきました。

 

何も言えず沈黙していると、
「会いたいだけですか?」
と言われ、
なぜか涙が溢れました。

 

「お母さんに会いたい・・・」

 

そう、私は、このたったひとことをずっと言えなくて、
自分の本当の気持ちを閉じ込めて、
40年もガマンしていたんだ・・・。

 

父に嫌われたくなくて、
父が悲しむ顔を見たくなくて、
父を裏切りたくなくて、
強くなきゃと思ってずっとガマンしていたんだ・・・。

 

でも、もう人に気をつかって、自分の本心をガマンなんてしなくてもいい。
自分を犠牲にしていい人になる必要もないし、
自由に自分らしく、やりたいことをしてもいい。

 

そう思ったら、私はここまで1人でがんばってきた自分を
初めてほめてあげることができました。

 

父からの暴力から逃げるために、裸足で家を飛び出した母は、
幼い子ども3人を置いて家を出ていった罪悪感と後悔を
背負って生きていたようでしたが、

 

今は、とても裕福で優しい方と結婚し、
幸せに暮らしていて安心しました。

 

止めていた愛のエネルギーが流れると、
家族の中にも変化が起こりはじめました。

 

不思議なことに、母と会ってからというもの、
娘が7年交際していた彼と結婚、
妹にも彼ができ一緒に暮らし始め、
不妊治療していた姪にも、弟夫婦にも新しい命が授かるという
家族にミラクルなことが起こり始めました。

【人生が逆転!過去や天職に感謝の毎日】

心理学を学んで知ったのは
自分がアダルトチルドレンであることと、
子どもの頃の体験が、人生に大きく影響するということ。

 

「過去のことなんて関係ない」、「がんばればうまくいく」
と思っていたので、眼からうろこでした。

 

私の中の

「私がどんなにがんばっても、お父さんもお母さんも

仲良くならない。私は何をやってもダメなんだ、私は無力なんだ」

「私は捨てられるような価値のない存在なんだ」

「私は迷惑な存在だ。いない方がよかったんだ」

 

そんな自分を否定する
私の心のブレーキ(ビリーフ・信念・価値観)が、

 

「私なんかが幸せになってはいけない」と思い、
無意識に幸せにブレーキを踏んでいたのです。

 

セラピーを受け、また日常でも意識して、

 

私は私でいい
幸せになっていい
楽しんでいい
女性であることは素晴らしい

 

そんなふうに、自分に禁止していた「心のブレーキ
ひとつずつ外していった結果・・・

 

本来の、輝きに満ちた『本当の私』に出会うことができました。

 

それ以来、悩みはウソのように消えて
私の今後の人生…
何があっても「幸せになれる」のを確信しました。

 


不幸を選んできたのは自分
波乱万丈な人生にしてきたのも自分


 

でも
自分を幸せにできるのも自分だけと気づいた私は、

 


ずっと握りしめていた「被害者意識」「自己否定」、
「罪悪感」
から解放され、自分を幸せにする選択をするようになりました。

 

今では過去のことがウソのように幸せで満ち溢れています。


導かれるように副業ではじめたセラピーですが、現在は独立し、
3000人以上の女性の悩みを解決してきた実績、
1000万円以上かけて学んだ30種類以上のセラピーの知識と、
私の経験を元に生み出したオリジナルメソッドにて、
女性向けの心理学講座、個人コンサルを中心に活動しています。

 

また、社会保険労務士兼カウンセラーとして
商工会議所や、福祉関係でセミナーを行ったり、
経営者向けのメンタル改善セッション、
プロのヒーラーやカウンセラーの指導も行っています。

 

受講生は
「失恋のどん底から1年で理想の彼ができて電撃結婚、赤ちゃんを授かった」
「2年半別居状態から復縁でき、家族で仲良く暮らせるようになった」
「彼氏もなく不安だったが、理想の彼ができて結婚を前提に同棲することになった」
「親に対してイライラしなくなった」
「やりたいことがみつかった」
「不登校の子どもの進路が決まった」

など、人生が逆転するミラクルが続出しています。

【最後に】
長文を読んでいただき、ありがとうございました。
私は無意識に、私は迷惑な存在なんだ」
「私には価値がない」「いない方がいい」

ずっとそう思ってきました。

 

自分が嫌いで自信がなくて、その自信がないことを認めたくなくて、
自分を守るためにガチガチによろいを身に付け、

 

一生懸命がんばることで
自分の存在を人に認めて欲しく生きてきました。

 

不幸でかわいそうな自分でいることで、人の気を引いたり、
愛されようとしていました。

 

こころのしくみを学び、
セラピーで自分軸を取り戻すことで、
周りに振り回されず、毎日穏やかな気持ちで幸せに過ごせています。

 

過去の全てが宝物となり、自分の経験や学んできたことで
人の役に立つことができ、

 

家族や仲間にも大切にされ、
毎年、海外旅行に行けるようになったり
望む未来や思い描いていた夢がどんどん叶う体質にシフトしました。

 

もし、タイムマシンがあって、
過去の苦しかったあの時の私に会えたら

 


「人生は変えることができるから大丈夫だよ」

言ってあげたい。

 


「なんで私ばかり不幸な目に遭うんだろう」

両親や家族だけでなく、神様や仏様まで恨んでいましたが、

今までの経験があるからこそ
今こうしてカウンセラーとして活動できていると
両親にも、過去の全てにも感謝しています。

 

とにかくがんばればうまくいくと思い、
膨大な時間とお金を使い
私はかなり遠回りをしてきましたが

 


今これを読んでくださっているあなたには、
同じような苦労をさせたくありません。

 

ほんの少しの勇気を出し
自分の気持ちを打ち明けさえしてくれれば
私は全力でサポートさせていただきます。


ドン底を味わった私が
心の底から幸せや安心を感じられるようになったノウハウを
是非あなたと分かち合いたいと思います。


あなたとお会いできることを楽しみにしてます。

あなたの人生が
本来の輝きを取り戻し、愛で溢れることを願って…

関根里佳子

悩みを相談してみませんか?

あなたが一人で抱えているその悩み・・・
カウンセラーにお話ししてみませんか?
お試しカウンセリングでは
自分自身との向き合い方、
本来の輝いた自分に還るきっかけをお伝えします。

通常カウンセリングは120分35,000円ですが、初回に限り60分10,000円
月5名様までは 特別価格 60分 3,000円 です。

※すぐに埋まってしまうので、今すぐご予約ください。


⇩ご予約はこちらから⇩

体験カウンセリング申し込みフォーム


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須
名前(名) ※必須
性別 ※必須
携帯電話番号 ※必須
都道府県 ※必須
ご希望のコース ※必須

ご予約希望日時を3つほどお知らせください  ※必須
当ホームページを知ったきっかけ ※必須








登録ボタンを押したら、確認ページになります。
送信ボタンをクリックして
「お申し込みを受け付けました」
というページが表示されたら、自動的に返信メールが届きます。

10分経っても返信メールが届かない場合は、
次のようなケースがあるのでご確認ください。
・メールアドレスの入力間違い
・迷惑メールフォルダに届いている
・携帯メールをお使いで、PCからの受診拒否設定になっている

*自動返信メールが届かない場合、
一度迷惑メールフォルダをご確認ください。
お申し込み後、24時間以内にお返事いたします。

<お申し込み後の流れ>
・お申し込みを確認後、メールにてご連絡いたします。
(ショートメールも同時に送る場合がございます)

・お支払い方法をお知らせいたしますので、
 3日以内の入金をお願いいたします。

・カウンセリング前日に、再度確認のメールをさせていただきます。
   水天宮または東銀座セッションルームへお越しください。

・ZOOMカウンセリングは、
事前にZOOMの使い方を
ご連絡いたします。
(簡単ですのでご安心ください)

・申し込み後、48時間経っても当方からの連絡がない場合、
   050-5374-8553へご連絡ください。

*自宅で受けたい方、遠方の方はZOOMをお選びください。
パソコン、スマートフォンを使い、オンラインでカウンセリングが受けられます。
招待URLを受け取り、指定の時間にURLをクリックするだけです。
ZOOM詳細については、申し込み後にご説明いたします。

アクセス
東京都渋谷区恵比寿 徒歩7分 セッションルーム
*カウンセリングルーム詳細については、
申し込み後にご連絡いたします。