愛着障害と恋愛依存の心のブレーキ

●愛着障害と恋愛依存の心のブレーキ

アダルトチルドレン、共依存、HSP、愛着障害から卒業
自分軸心理カウンセラー 関根里佳子です。

 

・人から見捨てられるのではないかという不安

・人を愛するのが怖い(いつかはいなくなってしまいそうな気がして)

・異常な嫉妬心がわいて束縛したり、ついカッとなったりしてしまう

・愛なんてない・・・

そんな風に感じることはありませんか?

 

幼少期に親との間に健全で、安心を与えてくれる
愛着(愛情)関係を築き損なった経験から、

 

心のブレーキ(制限的な思い込み)
<愛着(愛情)を感じるな>

がうまれることがあります。

 

大人になって愛着を伴う人間関係を回避したり、
愛着の対象に対して
違和感や恐怖を覚えたり、

 

また、目に見えない愛情の存在を否定する代わりに
お金や地位や、立場、物など、
目に見えるもの手で触れられるもののみを
執拗に追い求め、愛情の確認材料としたりします。

 

心のブレーキ(制限的な思い込み)
<愛着(愛情)を感じるな>
を強く持っていると
人を心から信頼し、愛し愛される関係を
築くのが難しくなります。

 

特に、恋人や夫婦関係など、深い人間関係が
うまくいかず、生き辛い人生になりがちです。


【悩み】

□「人から見捨てられてしまうのではないか」
「自分の周りから人がいなくなってしまうのではないか」
「最後は一人ぼっちになってしまうのではないか」
という非常に強い不安(恐怖)を感じる

□人から見捨てられないための努力をしている

□愛情のぬくもり、温かさを感じられない

□人から愛されているという感覚がない

相手の愛情を疑ってしまう、過剰な嫉妬心

□人を愛するのが怖い

□「自分のことを愛してくれる人なんていない」
と思っている

□「この世に愛情なんていうものは存在しない」
と思っている

嫉妬心、独占欲が強い

□目に見えない愛情を信じない代わりに、
電話やメールの回数、
プレゼントの金額など、
目に見えるものにだけ頼って、
愛情のありなしを判断し、そうしたものを
執拗に追い求める

□「あれをしてくれない、これをしてくれない。
だから愛してくれていない」と執拗に訴える

□「まだ欲しい、いつまでも欲しい」と求め続けて、
それでいて決して満足しない。
(応じないとリストカットしたり、
自殺をほのめかすことも)

□配偶者や恋人への暴力(男女とも)

□パーソナリティ障がい全般


【原因】

幼少期に親との間に、健全で安心を与えてくれる
(愛着)関係を築き損なった経験から
<愛着を感じるな>が刷り込まれる。

・幼少期に親から愛を与えられなかった

・幼少期に親に愛情を求めたら拒否された

・幼少期に親から放置、無視をされた

・幼少期に親から虐待をうけた

 

<愛着を感じるな>という
心のブレーキ(制限的な思い込み)は、
子どものころに親に愛を求めたら拒否され,


とても怖かったため,

 

「愛なんてないことにしよう」と決めて
深い人間関係を拒否したり、

 

逆に不安が強くなり、相手に執着してしまい
恋愛依存や共依存にもつながります。

 

恋愛、婚活、夫婦関係などの人間関係は
アダルトチルドレン(幼少期の家族の関係)が
大きく影響しています。

 

・婚活がうまくいかない
・同じ失敗パターンを繰り返している
・ダメンズとばかり付き合ってしまう
・不倫、セフレなどセカンドの立場が多い
・感情をコントロールできず爆発してしまう
・自分の意見が言えない・・
 

アダルトチルドレンから卒業し、幸せな人生を手に入れたい方はこちらをクリック

いつもあなたを応援しています♡

恋愛と人間関係の
心のブレーキを外す専門家

プレシャス自分軸メソッド主宰 関根里佳子

 

LINEでお友だちになると
心のブレーキがサラッと外れ
カンタンに自己肯定感がアップする
自己催眠文プレゼント中♪

友だち追加

https://lin.ee/qvtqNAZ